コンテンツ
ヘッダ

ゆめうつつ

時々「ちょっとおもしろい」って、思われる。
そんな場所で在れれば…これ、幸い。

カレンダー

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ボディ
メインコンテンツ

記事

タイトル
タイトル
夏フェア
記事本文

今年も始まってますねー

各社、夏の文庫フェア。

 

わたくし、これに滅法弱いわけで。

あの、本屋で無料配布されてる

ちっさいラインナップ紹介が大好きなのです。

そして結局、何冊か買っちゃうんだよなー

そうして読んでない本、何冊あんのかなー

 

でも。

伊坂の短編集は買っちゃう。

買っちゃうな。

 

 

 

JUGEMテーマ:読書

記事続き
タイトル
タイトル
マンガ万歳
記事本文
知らん間に、大好きな作家さんの新刊がいろいろ出てた。
本屋、全然行けてなかったからな…

そうそう。
今から「銀魂」読むけど、
引き続きがっつりシリアス中っぽいので
すでに胸がいたいです。。。

号泣する準備はできている。

 
JUGEMテーマ:漫画/アニメ

 
記事続き
タイトル
タイトル
本の話をしている時の兄さんが好き
記事本文
中居さんがおすすめしてた小説買ってきた!
このミスで1位とってたやつなのねー。
今読んでるの終わったら読むのだ。

たのしみ☆


JUGEMテーマ:読書

 
記事続き
タイトル
タイトル
図書館戦争
記事本文
9月末から10月頭にかけて
文字通り貪るように読んだシリーズ小説。
ようやく感想書きますよ!
長文注意。

まず、読後の寂しさがハンパなかった。
なんだこの喪失感、ていう。
未だかつてここまで思い入れた小説があっただろうか。
最終巻に至っては終わるのが本当に嫌で、
ページを捲る手にも勢いがなく。
何度もちょっと戻っては読み進め…
という、とんだ焦らしプレイで3日かけたという。
軽いHENTAIです。

こんな具合で見事にハマってしまったのは…
図書館戦争シリーズ。

今さら感ハンパねー!
いや、聞いて下さいよ!

先日あげた天地明察の感想日記にも書いたんですが、
映画は観るけど原作読むつもりなかったんです。
それが。
たまたま職場に有川ファンがいて。
私が『図書館戦争ておもしろいんですか?』
とか聞いちゃったもんだから、
読みたいとは言わなかったんだが貸して下さり。
相手は年長者だし結構ですなどとは言えず。
そんな流れで読んでみたら、
おそろしく好みな作品だった…という。

ただ。
実は、読み始めしばらくは少し苦痛で。
文体が、どちらかといえば苦手なんです。
ガッツリ造り込まれた設定とかも得意ではなく。
漢字(しかも長い語)の多用とか、
視覚的に少し抵抗感があって。
ルビも非常に少ない。
私の語彙力の問題なんでしょうが、
馴染みの無い語が出てくる出てくる。
会話文なんかは語と語の区切りがわからない…
とかもあったな。
ちょっと凹んだほどです。
作家さんてやはり選ぶ語に癖があるのか、
その見慣れない語が頻発したりして(苦笑)

とまあ、いつもの私なら心折れてしまうとこなんですが、
なんせ内容がおもしろすぎる。
苦手な文体をカバーして余りあるほどの魅力的なストーリー。
ライブ派というだけあって、
2巻、3巻…と進んでいくにつれ
『伏線なかったよね!?』な展開が待っている。
ワクワクし通しでした。
二次元なのに、本当にどこかで暮らしてるんじゃ…
と思わされるほどイキイキとしたキャラクター描写。
そして恋愛要素が、まさに往年の月9を思わせる!!
ベタ、かつ、とことんまで焦らす!www
抗争シーンさえなければ、映画ではなく連ドラ化して欲しかった。
これをたった2時間で納得いく形にまとめたら
いちファンとしては拍手モノです。
そしてその恋愛要素にあてられ、
別冊兇亮萄蠅遼織札螢佞妊肇疋瓩鮖匹気譟
本気で泣くほど落ちた…
という痛い事件はまた別の話。

月9っぽい…に加え、
ものすごく良質な少女マンガを
活字のみで読んでるような感覚にもなった。
とにかくきゅんきゅんがとまらない!
ロマンティックがとまらない!
むずがゆさハンパない!
そして、全員がハピエンで終わるという。
緒方と玄田までまとめてらしたのには感服いたしました。
ハピエン至上主義者にとって、この上ないしあわせです。
すっかり有川ラブコメの虜になった私は、
早速『ラブコメ今昔』を買ってしまいましたよw

本気で隅々まで事細かに感想書きたいほどに好きです。
さすがにウザいのでやめますが。

あと、どうしても書きたいのは、映画に絡めた話。
以下、私の勝手な妄想劇を繰り広げますのであしからず。

こっからは地下にたたんでおきます。
さすがに長すぎるw


JUGEMテーマ:読書

記事続き
続きを読む >>
タイトル
タイトル
デロ甘、万歳
記事本文
5巻に突入しました。
私、悶え狂っております。
ひひひふふふへへへ。
だらしないニヤけ顔で読み耽ってます。
終わるのがとても寂しい。
たぶん、気づいたら買ってます。
とんだ名作に出会えました。

今週しんどかったけど(メンタル的に)、
本読むのだけを楽しみに乗り切りました。
週末は楽しむよ!!


JUGEMテーマ:読書

記事続き
タイトル
タイトル
本編佳境
記事本文
本読みたいので本日はこれにて!
今いいとこなのよ〜
この章だけ読んでから寝たい。

でも。
もうすぐ終わっちゃうのが寂しい…
もっとシリーズ続けてくれたらいいのに(>_<。)


JUGEMテーマ:日記・一般

記事続き
タイトル
タイトル
魔の小説
記事本文
引き続き、某小説を貪り読んでおります。
ただいま3巻後半。
おそろしいほどの吸引力です。
こんだけ食いついた作品は
ハリポタ&十二国記以来かもしれない。
仕事中も読みたくて読みたくて大変www
感想もめっちゃ書きたいんだけど、
全部読み終えてからにする!
そして結局自分でも買いそうで怖いよ\(^O^)/

3巻読み終えてから寝ます☆


JUGEMテーマ:読書

記事続き
タイトル
タイトル
読書の秋
記事本文
本断ちしてたのに、
只今 某小説に夢中です。

数日前のこと。
職場の方が本をお貸し下さっちゃいまして。
しかもそれがまさかの6冊シリーズもの。
私情で極力早く返す必要があるので、
「とりあえず読めるとこまで読んで返そう…」
とか思ってたんですが。
1巻読んだら、困ったことに、物凄くおもしろい。
これは全部読まないと
結局自分で買うはめになる…
ということで、ガツガツ読んでます。
今、2巻の1/3まできたよ。
ホント本読んでる場合じゃないんだけどねー!
意志が弱くて困るね!

では、読書に戻ります。


JUGEMテーマ:読書

記事続き
タイトル
タイトル
オーデュボンの祈り
記事本文
気づけば感想書いてない本が4冊に…
忘れないうちに書かないとね。


伊坂幸太郎『オーデュボンの祈り』

おもしろかったです。
設定がぶっとんでるな〜と。
ただ、ちょっとくどかったかな…
同じとこいったりきたりしてる感じ。
で、最後だだだっと終わった感じ。
個人的にはオチが微妙だったので
読後感も若干残念な形に…(苦笑)
結末がはっきりしているのは非常に好印象なんですが。
白黒つけてくれる小説が好きな私としては。

でもこれが処女作…と思うと納得も。
すごいもんだな〜と。

結果、順調に伊坂マジックにハマりまして、
他作品にも手をつけております。
「アヒルと鴨のコインロッカー」読んだら
もう一度 映画も見ようと思います。


JUGEMテーマ:読書

記事続き
タイトル
タイトル
つるかめ助産院
記事本文
今朝、手持ちの本を読み終えてしまいました…。
苦痛な帰り道。
なので感想でも書いて気を紛らわします。


小川糸『つるかめ助産院』

先週、友人が読み終わったから…ってくれた本。
私、小川糸は合わないかな〜て思ってたんですが、
とんでもない、めっちゃいい話。
今、自分の周りに妊婦たくさんいるのもあってか、
やたら感情移入してしまった。
電車ん中で何度も涙を浮かべながら読みました。
登場人物が見事に悲しい過去を背負ってて。
これはいっそ連作にでもしてほしい。
特にパクチー嬢と、さすらいのマスターの話よみたい。

浮き世離れしてるようで、読み進めるほどにリアルを感じる。
そしてチープだけど、それを待ってましたっていうラストで
フィクションの世界に戻る。
そんな印象の作品でした。

にしても、あれだ。
このテの現代女性作家の作品読むと、
どうしてもひろちゃんの講義思い出すwww

もらわなきゃ絶対読まない本だったので、
友人に感謝だわ☆


記事続き
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR. (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.