コンテンツ
ヘッダ

ゆめうつつ

時々「ちょっとおもしろい」って、思われる。
そんな場所で在れれば…これ、幸い。

カレンダー

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ボディ
メインコンテンツ

記事

タイトル
タイトル
ラスト
記事本文

ラスト銀魂してきた!

結局、初観賞の感想もまだなので、

後日あらためて一気にまとめ感想書きたい。

 

さーて。

BD出るまでの間、

久々に新訳紅桜篇みようかな。

 

 

JUGEMテーマ:映画

 

 

記事続き
タイトル
タイトル
何者
記事本文

連休最終日に見る映画じゃなかった。

 

 

JUGEMテーマ:映画

 

 

記事続き
続きを読む >>
タイトル
タイトル
スキャナー
記事本文

今さらながら見ました。

正直、キャストにもストーリーにも

興味なかったんですが、

安田見たさで見ました。

 

内容にふれるので、以下たたみまーす。

 

 

JUGEMテーマ:映画

 

 

記事続き
続きを読む >>
タイトル
タイトル
気づけば2週間
記事本文

銀魂の感想書きたいんだけど

このままだと書かずに2回目観に行くことになりそ…

絶対印象上塗りしちゃうから

初見の感想残したいんだけど。

 

まーじスマホの文字入力、ストレス。

来週こそPC修理に出したい。

 

 

JUGEMテーマ:映画

 

 

記事続き
タイトル
タイトル
図書館戦争 BOOK OF MEMORIES
記事本文
そういや書いてなかった、BOMの件。
もちろんOA当日に観ましたよ!
あんまり早く帰宅れず、ご飯食べながらは嫌だったので、
風呂まで済ませてから追っかけ再生にしましたが。

いやぁ…きゅんきゅんとまらない。
堂郁ももちろんだけど、やっぱ今回は小毬が最高だった(≧∀≦)♪
再会シーンのハグ、たまらんかったー。。。
後ろの方で「きゃーっ!」てなってる郁もかわいかったww

ちょっと話それるけど。
BOMのソフトリリースがめっちゃ早くてびっくりΣ
映画公開前に発売するって、なんかすごくいいね。
制作サイドの愛を感じるわー。

話 戻って。
最初の映画以上に、キャストが役にハマってるなって印象だった。
中でも驚いたのは たおちゃんね。
個人的に、るろ剣の彼女しか知らないので、操のイメージしかないのですよ。
だから毬江ちゃんがまったく想像できなかったんだけど、
くっっっそかわいかった…
そら、小牧のお兄ちゃん、めろめろんなるわ!!!

郁のパパママネタも描いてくれて、
すっごい充実のドラマでした。
チーム図書館戦争、最高です!!

日曜あたりにでも映画行けるといいな。


JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 
記事続き
タイトル
タイトル
連日の雨のせい
記事本文
明日外出するので今日は引きこもりたかったのだが、
昨日返却CDを忘れたまま出勤してしまったので
それだけのために外出するという悲劇…

あー。
寝てたかった(自業自得)


JUGEMテーマ:日記・一般

 
記事続き
タイトル
タイトル
BORUTO ボルト -NARUTO THE MOVIE-
記事本文
早々に観てまいりました。
もちろん、特典欲しさに。
六本木のNARUTO展は行き損ねたので、
せめて映画の特典は欲しかった><

それにしてもアニメ映画、久しぶり。
ワンピース(Z)以来じゃないかな。


感想は一応地下で。


JUGEMテーマ:漫画/アニメ
JUGEMテーマ:映画

 
記事続き
続きを読む >>
タイトル
タイトル
トランセンデンス
記事本文
去年 映画館行けずじまいだったので、
ようやく観ましたー。

なんかとても切ない映画だったな。。。
ウィルもエヴリンも、お互いを愛してただけだったんだよね。
そもそも原因作ったのはRIFTのくせに、
結局エヴリンも殺しておしまいってのが
あんま納得いかんかったけど。
ウィルを殺した実行犯は自殺してるから
関係ないってことなの?とか。

ま。
モヤッとはしつつも、おもしろかったです。


JUGEMテーマ:映画

 
記事続き
タイトル
タイトル
ばしゃ馬さんとビッグマウス
記事本文
完全に観るタイミングを間違えました。
これ、病んでる時に観ちゃダメなやつ。
連続闇期間絶賛更新中の私には
終始イライラするばかりでございました。。。

映像も音楽も、すごく好みなだけに残念。
心おだやかな時に観るべきでしたね。


JUGEMテーマ:映画

 
記事続き
タイトル
タイトル
渇き。
記事本文
公開当時、めっちゃ気になってたけど、
いろんな意味で行くのやめといた作品。

結論。
いろんな意味で、映画館へは行かなくて正解でした。
私これ向いてないわー(苦笑)

役所さん(ほかの人たちも)、ゾンビか!ていう。
どんだけ丈夫なのよ。
流血しすぎ。

でも、向いてないのは暴力描写ってより、
全体的にかなぁ…
こういう、目的とか結末とか、
曖昧な作品はあまり好みでないです。
想像に頭使うの、とても苦手なので。
「告白」も然りですが、
おそらくこの監督さんがあわないんだろな…
芸術度高いっていうの?こゆのって?
トリッキーとかじゃないもんね。
アーティスティックな感じだもんね。

嫌われ松子はすごい良かったんだけどな…
ってか、あれか。
渇きと告白は原作読んでないのが悪いのかも。
松子は原作読んでて映画観たから。
んー、でもでも。
私は原作は原作、映画は映画だと思うので、
映画だけ観ても理解できるものが好きなのですよね。

ただ、まー、キャストが恐ろしく豪華っていう。
大御所から新進気鋭の若手まで、
こんだけ集めて映画撮れるんだからすごいよね。
若手女優4人ともかわいいけど、
小松菜奈、かわいすぎだよね。

今は「夢を与える」がたのしみです♪
オダギリも出るしね。
たつおみくんにかのんちゃんも出るしね。


JUGEMテーマ:映画

 
記事続き
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR. (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.