時々「ちょっとおもしろい」って、思われる。
そんな場所で在れれば…これ、幸い。
エリザベート

昨今のミュージカルブームに便乗し、

ついにエリザベート初観劇!

 

感想は地下で。

 

 

 

JUGEMテーマ:舞台鑑賞

 

 

 

・ルキーニがストーリーの案内役を兼ねてるんだね。

  アホな私でもわかりやすい構成でありがたい。

  そしてルキーニさんの声量すっごかったー。

  歌うますぎ!

  動きとか表情とかも、とても見やすかった。

  お初にお目にかかりましたが、

  素晴らしい役者さんですね、成河さん。

 

・エリザベート美しー!

  歌うまーΣ(゜Д゜) ←そりゃそうか

  少女から始まり、年を経ていく様が

  演技から声から明確に伝わってきて素敵でした!

 

・剣心、もとい、真世さま!

  もーもーめっちゃ素敵ーっ!

  歌、低音やば!!!

  ありがとう!!!

  皇后の務め、最高でした、震えました!

  今回のキャストの中で

  どうしても見たいうちの1人だったので、

  見られて本当によかった。

 

・エリザベート観劇のシンプルな目的が、

  ホームの井上芳雄を体験したい

  ということだったからなのか、

  そんなの関係なしに彼がミュージカルスターだからなのか、

  わかんないけどなんにせよ

  トート閣下登場の時はおぉぉぉぉ!という感動が。

  あの役って圧倒的存在感がものを言う気がするんだが、

  さすがの貫禄だなーと。

  歌は言うまでもなく圧巻でした。

  低音やっっっばい。

  テレビでは聞いたことのある

  最後のダンスと闇が広がる、

  ようやく本来の形で聴けて大満足です!

  途中まで、トート様まさか歌のみ?セリフなし?

  と思ったらしゃべったー!

  ミュージカルにおける歌とセリフの差ってわからんが。

  立ち居振舞いも、所作も、表情も、

  すべてがいちいち美しいし。

  井上芳雄はミュージカル界の至宝

  というイメージだけ持ってた私的には、

  スターが下界(最前列の前)に降り立った!

  カテコでモーションだけで笑いとってる!

  とか、なんか変なとこに興奮しました笑

 

・青年ルドルフってそんなに出番多くないんだね。

  木村さんが素敵だったからなおさら、

  京本ルドルフ観られなかった悔しさハンパねぇ...

 

・一幕ラスト、やっばかった。

  ぞくぞくした。

  あの構図(トート×シシィ×フランツ)やっば。

  シシィが最後、扇子バッと広げるとこ、

  美しく気高くかっこよすぎて『ひぃっ』てなった。

  めちゃくちゃ震えるシーンだった。

  もう一度観たいシーンのうちの一番かもしれない。

 

・結局、結末ってどういうことなのかなーと。

  シシィは最期まで誰のものでもなく

  ただただ己のものであることを

  自由であることをまっとうし、

  手に入れられなかったが故の

  トートの悲哀の表情だったのか。

  手に入れたいと渇望し続けて

  ようやく手に入れられたはずなのに、

  欲しかったシシィは

  自由を求め強く生きたシシィの方だったのだと

  気づいてしまったが故の虚しさからくる表情だったのか。

  はたまた全然的外れなのか...

  こういうのって難しい。

 

 

規格外にうまい歌を聴くと眠くなる病を

何度か発症して、

ひとり葛藤したりもしましたが笑

ほんとに観られて良かった!

観た、っていうより、体験した、って感覚のが近いな。

 

ミュージカルすごいわ。

歌うまの祭典。

 

ホームの芳雄氏を体験できたので、

次は城田氏を体験したいです。

ファントム取れるといいなー。

 

17:55 演劇 - -
スポンサーサイト
17:55 - - -
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
COMMENT
ARCHIVE
LINKS
web拍手

web拍手ボタンです。
よかったらポチッとどうぞ。
ver. SPACE kiss
ver. Kurikaesu 春
SPONSORED LINK